宅建の独学をするときの、問題集のミスのない選び方

*

Q.宅建の独学で使う問題集は、どうやって選んだら損をしないのか 知りたいのですが……?

A.宅建の問題集は、特に独学の場合は、「経験のない受験者の立場」になって
編纂されているものを選んだほうが失敗しません。使い勝手のほか、
どれくらい勉強が高速で進行するか考えられているものを選びましょう。
誰がつくっているのか、分量や見せ方はどうか……といった点も要確認です。

宅建の問題集は、テキストとは違うため時間があれば複数の種類に手を出すこともよいでしょう。
もっともあまり時間的余裕がない独学者が大半でしょうから、
最初のひとつ目のチョイスは間違えたくないものです。

独学の際の、宅建問題集選びに際しては、
「見識の高い専門家が編纂している種類を選ぶ」
「解説がみっちり付いている種類を選ぶ
(各選択肢についてまんべんなく解説してあるものがよい)」

という基準で見ることは、まず常識となります。
そのほかにも意外と見過ごされやすいポイントがもろもろありますから、参考にしてください。

・年数がじゅうぶんなものを選ぶ
前年度まで含めて、最低でも3年、できれば5年分くらいは必要となるでしょう。
10年分くらいあってもOKですが、5年以上前の問題については、特に鍵となる部分だけを
抜粋している問題集のほうが、独学で宅建を目指す場合にはよりよいでしょう。
ある程度古くなると情報の有用性も薄れますが、問題の傾向を分析する上では
やはり役に立ちます。

・問題の難易度が書いてあるかどうかをチェックする
これは特に経験が少ない独学者にはポイントです。いきなり難しい問題から
解く必要もありませんから、基礎的な問題から手を出したほうが無難
なのです。

・解答時間について言及されているかどうかをチェックする
これは一見すると地味ですが、かなり重要です。
時間の目安がないと、どれくらいのペースで勉強したらいいのかわからなくなります。
普段の学習を通して、本試験に備えた練習ができるようにしてくれる問題集を使いたいものです。

・予想問題集やテスト的なものがセットになっている、
ただしあくまでも過去問が中心ものを選ぶ

実は、宅建の試験の場合は絶対に予想問題集が必須かどうかは諸論があり、独学に関して
「なくても受かる」という合格者も少数ながらいます。

ただしやはり、時間が許す状況なら過去問以外もやって損はありません。
……そのため、「過去問を重点的につくっているが、
その同じスタイルで練習問題もつくっているもの」を入手できると、あとで便利
です。

・空いた時間も勉強したいときは、手軽に力を試せるタイプも使うとよい
あとは、一問一答的なもので極端に安価なものがあれば、
それを使って、昼休み等の隙間の時間に使ってもいいでしょうし、
携帯電話やタブレットで簡単につなげられるサービスで、
問題演習をそれこそ一問一答的にやらせてくれるものがあれば、利用していきたい
ところです。

問題集は、宅建の独学ではテキスト以上に役に立つ教材です。
何度も繰り返して解いていくものですから、自分にとって相性のいいものを探し出しましょう。

>>予備知識不要の宅建一発合格勉強法

Q.宅建の独学で使う問題集は、どうやって選んだら損をしないのか 知りたいのですが……?関連ページ

Q.独学ではテキスト選びが非常に重要だと思いますが、選ぶ際には何を基準にすればいいのでしょうか?
Q.独学ではテキスト選びが非常に重要だと思いますが、選ぶ際には何を基準にすればいいのでしょうか? A.独学の場 […]
Q.宅建の独学では、過去問が大事な役割を果たしますが、どんな過去問を 購入するのがおすすめでしょうか?
A.独学するとき過去問は本当に重要ですが、宅建の過去問もいろいろと 工夫されたものがもう何種類も市販されていま […]
Q.宅建の独学をするとき、どうやってテキストを選ぶと後悔しないでしょうか?
A.宅建のテキストを選ぶとき、妥協して適当に「これでいいかな」といった 決め方をせずに、できるだけよく比較する […]
Q.宅建の独学をする場合、どんなテキストを使ったら合格できそうか、おすすめを教えてほしいのですが……?
A.独学をはじめとした宅建の合格者がよく使っているテキストがやはりおすすめ ですが、必ずよく中身を確認して自分 […]