宅建の独学で、おすすめの声が多い過去問は実際には? 

*

Q.宅建の独学では、過去問が大事な役割を果たしますが、どんな過去問を 購入するのがおすすめでしょうか?

A.独学するとき過去問は本当に重要ですが、宅建の過去問もいろいろと
工夫されたものがもう何種類も市販されています。それぞれの違いを
よく比較・チェックしてから選ぶのがいいでしょう。

過去問は、今ではゼロ円で手に入るものが簡単に発見できる時代ですが、
無償の場合や、どんな人たちがアップしたりつくったりしているのかはっきりしない場合は
むやみに手を出すべきではない
でしょう。
独学者にとって、宅建の過去問はただ問題とその正解が載っていればいいのではありません、
それに過去問の中身が充実しているかいないかで合格が揺さぶられてしまいます。

世評の高い宅建の過去問のトップ3に関して、また独自の調査を行い、独学経験者からの
多数の意見を公平にチェックしながら評価をまとめてみました。

●過去問宅建塾(週刊住宅新聞社)
・科目別に分かれている問題集で、過去の試験問題をよく分析して、
「解きにくい問題も解けるようになる」……
そんな無理難題も自然に解消できる構成
がとられています
・独学用の問題集としてはかなりのハイレベルですが、この問題集にもやはり
欠点を見出す人はいて、たとえばヒントが書いてある点や、
問題と回答がセットになっている点にやりづらさを感じる人も
います

●出る順宅建ウォーク問(東京リーガルマインド)
問題の選抜が非常に巧妙だと評価されていますね。少し古い試験問題も採用されていますが、
いずれもキーポイントになりそうな問題が中心です。
・もっとも「頻出する順番に問題が並んでいる」とは限らない点は、使う前に
記憶にとどめておかないと肩すかしをされた気分になってしまうかもしれません

●「パーフェクト宅建」シリーズ(住宅新報社)
・「シリーズ」のため当然解説書もありますが、問題集が(かなり種類分けされて)
販売されているため問題集だけを使う層もわりと多いようです
解説はかなり緻密で、正答の導き方、選び方まで教えてくれる点がプラスです。
ただある程度勉強してから使ったほうがいいという意見もあります。特に過去問題以外、
予想問題集等については難易度が高すぎるような気がするという意見も出されています

市販されている合格者おすすめの過去問も、一長一短がありますね。
過去問ほか問題集全般に関して、宅建の独学受験者はわりといらないものを入手して
しまったり、じゅうぶんに使い切れなかったりと、後悔する例は驚くくらい多いです。

>>予備知識不要の宅建一発合格勉強法

Q.宅建の独学では、過去問が大事な役割を果たしますが、どんな過去問を 購入するのがおすすめでしょうか?関連ページ

Q.独学ではテキスト選びが非常に重要だと思いますが、選ぶ際には何を基準にすればいいのでしょうか?
Q.独学ではテキスト選びが非常に重要だと思いますが、選ぶ際には何を基準にすればいいのでしょうか? A.独学の場 […]
Q.宅建の独学で使う問題集は、どうやって選んだら損をしないのか 知りたいのですが……?
A.宅建の問題集は、特に独学の場合は、「経験のない受験者の立場」になって 編纂されているものを選んだほうが失敗 […]
Q.宅建の独学をするとき、どうやってテキストを選ぶと後悔しないでしょうか?
A.宅建のテキストを選ぶとき、妥協して適当に「これでいいかな」といった 決め方をせずに、できるだけよく比較する […]
Q.宅建の独学をする場合、どんなテキストを使ったら合格できそうか、おすすめを教えてほしいのですが……?
A.独学をはじめとした宅建の合格者がよく使っているテキストがやはりおすすめ ですが、必ずよく中身を確認して自分 […]