Q.宅建の勉強法は独学でも十分合格できると聞きますが、メリット・デメリットはどのような点でしょうか?

*

Q.宅建の勉強法は独学でも十分合格できると聞きますが、メリット・デメリットはどのような点でしょうか?

Q.宅建の勉強法は独学でも十分合格できると聞きますが、メリット・デメリットはどのような点でしょうか?
A.勉強法の独学、通信、通学、もちろんそれぞれに異なるメリット・デメリットがあります。



独学での勉強は、テキスト選びから学習スケジュールまですべて自分でこなさないといけません。

■独学のメリット
試験勉強にかかる費用が格安。
いつも自分のペースで勉強できる。

■独学のデメリット
強い意志がないと勉強が続かない
テキストを自分で選ばないといけない
質問できる相手がいない
学習スケジュールが計画倒れになる可能性がある
学習レベルや到達度を把握できない

独学のメリットはなんといっても費用が安くすむということ。テキスト代と過去問を両方購入しても1万円以下ですんでしまいます。また、通勤時やお昼休み、退社後など、いつでもどこでも自分のペースで勉強ができるのも魅力です。

ただ、デメリットもそれなりにあることを覚悟してください。毎日1人で勉強するため、「絶対に合格するぞ!」という強い意志がないと勉強が続きません。テキストも当然、自分で選ばないといけませんし、学習スケジュールの策定も本人にゆだねられています。
勉強を進める上で、質問ができないこともデメリットの一つ。分からないことが解決しないと、気分的にもやもやしてしまいます。

また、せっかく学習スケジュールを策定しても、強い意志で勉強を続けないと、計画倒れになることも。

独学で勉強する場合、こういったデメリットをどう克服するかがカギになります。時間に余裕があり、コツコツと勉強を続けられる自信のある人は独学で。逆に限られた時間で合格をめざす人、それほど意志が強くない人は、通学や通信講座が向いているといえます。

>>予備知識不要の宅建一発合格勉強法

Q.宅建の勉強法は独学でも十分合格できると聞きますが、メリット・デメリットはどのような点でしょうか?関連ページ

Q.宅建の独学をはじめたとして、無理が生じてきたりうまくいかなくなってきたり したとき、どんな改善策があるでしょう?
A.宅建の独学には、あちこちに落とし穴があると思ってください、無理が見えて きたら、思い切った対策も検討するこ […]
Q.宅建の独学がうまくいくようにするには、勉強法でどんなことに気をつけないといけませんか?
A.独学に限りませんが、不合格になるタイプの受験者や勉強法の存在が、宅建では 昔から指摘されています。失敗を避 […]